至急、お金が欲しいときはどんなときだろうか?

至急、お金が欲しいいと感じる時はどんな時かと思い返してみると、その時どうしても切望しているものが欲しいものが手に入りそうな時だと思います。

例えば、前々から欲しかったものが思いもしない値段で売られていたときとか?どうしても取りたい資格のテストで失敗してもう一度チャンスをもらった時、試験料金に少し足らないお金しか持っていなかった時とか?
とにかく、そのものが切望しても少しお金が足らない時至急お金が欲しいと感じます。
結局、欲しいけど手が少しだけ届かないのが悔しいのだと感じます。

そのため、人にとってはどうでも良いもので自分は欲しくて仕方がないものがありお金が足りなくて友達にお金を借りたときに、どうしてそんなものが欲しいのか?と尋ねられたことがあります。
私は、そのものがいかに欲しくて君にお金を借りてまで欲しかったんだと熱弁をといたのを覚えています。
友人も、私がケチでお金を他人から借りるのを嫌がることを知っていたのでそのものが本当に欲しかったことは理解してくれましたが、どうしてそんなものにお金を借りてまで欲しがったのか?は理解してくれなかったです。
でも、あの時の至急お金が欲しいと思った気持ちと友達に頭を下げてまでお金を借りて買ったせいかそのものは私にとって大切なものとなっています。

お金とものはその人にとって価値を示すものだと考えます。だからこそ、本当に欲しいもので少しお金が足りない時、至急お金が欲しいと思いお金が手に入らなかった時その欲しいものの前から去らねばならない悔しさはないです。
私が、至急お金が欲しいと思うのはそんな時です。

しかし、どうしても欲しくてもどうにもならない時は縁がなかったと諦めます。確かに、諦め切れない時は存在しますが、あまり無理をしないようにしています。
欲しい物は、欲しいと思うとき向こうから来ることが多いです。それを、無理して至急お金を用意しようとするとその無理から自分のお金に関する価値観を壊してしまいます。
ただ、あの時友人にお金を借りたのは友人が足りない分貸そうかと言ったためです。言われなかったら私は諦めたと思います。だから、それもある意味そのものとの縁かもしれないです。

本当にどうしても欲しくてもどうにもならない物以外は我慢をすればいいのです。妥協をすればいいのです。
最近はネットで安く手に入れることもありますし、そこで節約できた分を本当に欲しいもののためにとっておけばいいのです。
例えば、家具なんかはここを参考に安く買うようにしています。⇒家具安い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>